2:10-18 「御子は救いを与えることが出来るので御使いに勝る」その1

ヘブル2:10~18

 このセクションでは、メシアの死の目的が扱われています。

多くの子供たちを栄光に導くためには、メシアは死を経なくてはならなかったのです。

堕落した人のために神は救いを備えられましたが、御使いのためにはバイパスしました。堕落した御使い(悪霊)のために購いはありません。その意味で贖われた者(信者)は、堕落した天使より高い地位にあるのです。

これがやがて「白い御座のさばき」のとき、信者が御使いたちをもさばくことになると教えられている所以です。

「私たちは御使いをもさばくべき者だ、ということを、知らないのですか。それならこの世のことは、言うまでもないではありませんか。」 (Ⅰコリント6:3)。

 神は御使いでなく、人を選び救おうとされました。

その救いのためには、御子であるメシアが人間となって肉体をとり(受肉)、十字架にかかり死ななくてはならなかったのです。このセクションではさらにこの受肉と死の目的について4つの理由が挙げられています。

 

1)      多くの子供たちを栄光に導くため 2:10~13

2)      死の君主に打ち勝つため     2:14

3)      信者を解放するため       2:15

4)      人を助けるため         2:16~18

5)       

ここでは、まず2番目を扱います。

 受肉と死の理由―死の君主に打ち勝つため(2:14)

「そこで、子たちはみな血と肉とを持っているので、主もまた同じように、これらのものをお持ちになりました。これは、その死によって、悪魔という、死の力を持つ者を滅ぼし、」(新改訳)

Since then the children share in flesh and blood, He Himself likewise also partook of the same, that through death He might render powerless him who had the power of death, that is, the devil; (Heb 2:14 NAS)

Forasmuch then as the children are partakers of flesh and blood, he also himself likewise took part of the same; that through death he might destroy him that had the power of death, that is, the devil; (Heb 2:14 KJV)

 

 「持っている」(share)この言葉のギリシア原語はKoinonia(交わり)であり、「共通して持っている」ことを意味します。ここでは、人間が持っている肉体と血液をともに持たれた、ということです。神ご自身は本来血肉をお持ちになりませんが、神が人となられたときに人間を構成している要素を共通してお持ちになられたのです。

受肉の際、イエスは罪だけは別として血肉によって現される人としての性質をおとりになられました。

 「お持ちになりました」(partook、took part of)このギリシア原語には、「ある事柄のただ中に加わる」という意味があります。

御子が受肉されたとき、人間としての血肉をとられましたが、神としての性質を失うことはなかったのです。その神性に加えて、人間性をおとりになられました。神性のみでは肉体がなく、従って死ぬことはありえません。

人間性をとられた御子が死ぬことが出来るようになった結果、その死によって悪魔の力を無効(無能)とされました。新改訳でもKJVでもこのところを「滅ぼした」と訳していますが、ギリシア原語ではKatargeoであり、それは「滅ぼす」でなく、「無効として引き渡す」という意味です。

 そしてこの語は新約聖書がモーセの律法に関して使っているものです。

モーセの律法は滅んだのでなく、無効と見なされるようになったというのが新約聖書の教えです。つまり、信者をこれ以上拘束する法的な権威がモーセの律法(旧約聖書の教え)にはもはやない、ということです。

 悪魔も、その力もまだ現実に存在しています。ただ信者の死においては何ら影響力を及ばせないのです。その力は無効とされていると教えています。

サタン(悪魔)は、信者を死に追いやることは出来ません。

旧約聖書においてサタンは、信者でも未信者でも同様に、その肉体的な死の上に権力を持っていました。今日、メシアの死によって、サタンは未信者の死には権力を振るいますが、信者の死にまでは権力を発揮できないのです。

この領域におけるサタンの権力は無効となったのです。

 ただ、Ⅰコリント5:1~5を見ると、一つだけ例外があることも分かります。

「あなたがたの間に不品行があるということが言われています。しかもそれは、異邦人の中にもないほどの不品行で、父の妻を妻にしている者がいるとのことです。

 2 それなのに、あなたがたは誇り高ぶっています。そればかりか、そのような行いをしている者をあなたがたの中から取り除こうとして悲しむこともなかったのです。

 3 私のほうでは、からだはそこにいなくても心はそこにおり、現にそこにいるのと同じように、そのような行いをした者を主イエスの御名によってすでにさばきました。

 4 あなたがたが集まったときに、私も、霊においてともにおり、私たちの主イエスの権能をもって、

 5 このような者をサタンに引き渡したのです。それは彼の肉が滅ぼされるためですが、それによって彼の霊が主の日に救われるためです。 (1Co 5:1-5 )」

 

これは教会という信者同士の交わりから断絶された者のケースです。

もし信者が交わりから離れてしまうと、彼の肉体的死に関してのサタンの権威の下に逆戻りしてしまうのです。サタンはもしそう望むなら、交わりから離れた信者を死に至らしめることが出来ます。

この聖書箇所をご覧ください。その後退信者の霊は「救われる」のですが、肉体は死を経る事になると教えられています。

これが信者の死に権威を振るい得るサタンのたった一つのケースです。

 イエスの十字架の死まで、サタンの最強の武器は人を死に至らしめることだったのですが、もはやイエスの死によって信じる者にはその武器も無能となりました。

メシアは代わりに永遠の命という武器を信者に与えられたのです。

サタンは今も存在していますが、信者には彼に従うあらゆる義務から解放されているのです。

イエスは私たちの救いの創始者かつきよめ主ですが、それだけでなくサタンとその力である死を征服されたお方です。