聖書の教える「神の国」とは王国です

「永遠の命を得るには②~神の賜物である」
マタイ19章23~ 30節
~マタイ福音書連続講解説教52~

聖書本文とメッセージノートはこちらから:
http://wdx.hosannamin.org/whatsnew/view/9233052


ペレヤ伝道においては、「神の国」に関する主の教えが多くなります。

上京後のエルサレムで主イエスがメシア王国を樹立するはずだ、
という人々の期待値がウナギ登りだからです。

ペテロはメシア王国での自分たち12使徒の地位が気になり、
率直に主に尋ねました。

そのとき、ペテロはイエスに答えて言った。
「ご覧ください。私たちは、何もかも捨てて、あなたに従ってまいりました。
私たちは何がいただけるでしょうか。」
(マタイ19:27 )

主もまた、やがて到来しようとしているメシア王国での様相を
ペテロに率直に話して聞かせました。

「世が改まって人の子がその栄光の座に着く時、
わたしに従って来たあなたがたも十二の座に着いて、
イスラエルの十二の部族をさばくのです 。」( 19:28 )


❶千年王国(メシア王国)の始まり

それは、メシアなるイエスがエルサレムで王座に着座する時に始まる 。
詩篇2:6~8、ルカ1:30~33

ダビデ契約がイエスが全世界の王となることを約束している。
Ⅱサムエル7:12~16

メシアによる統治は、民主形態ではなく専制君主制による統治である。 
詩篇24:7~10

その統治の特徴として次の事を挙げることができる(詩篇72:1~19)。

  •公正と正義であり、罪のないものは義とされ、罪びとは裁きを受ける(1~7)
  •王の統治は普遍的で、イスラエルを越えて全世界に及ぶ(8~11)
  •王は「鉄の杖」で統治して不義を正される(12~15)
  •豊かな生産の約束(16)
  •王による祝福と、人々の王への賛美(17~19)


❷異邦人部門の統治 

メシアとともに世界を統治する聖徒たちのグループがいる(黙示20:4~6)


「また私は、多くの座を見た。彼らはその上にすわった。
そしてさばきを行う権威が彼らに与えられた。①

また私は、イエスのあかしと神のことばとのゆえに
首をはねられた人たちのたましいと、②

獣やその像を拝まず、その額や手に獣の刻印を押されなかった人たちを見た。③

彼らは生き返って、キリストとともに、千年の間王となった。
そのほかの死者は、千年の終わるまでは、生き返らなかった。
これが第一の復活である。」 (黙示20:4-5)


そのグループを3つに分けることができる。

①携挙された教会時代の聖徒たち(4前半)
  〜これら教会時代の聖徒たちは大艱難時代前の携挙で復活する。Ⅰテサ4:16
ここでの「裁き」とは、メシアの御座での裁きであり、
それは聖徒たちのおこなった業の評価であり、
これで御国での地位が決まる

②大艱難時代前半に殉教の死を遂げた聖徒たち(4半ば)
第5の封印箇所にも彼らへの言及がある(黙示6:9~11)

③大艱難時代後半に殉教の死を遂げた聖徒たち(4後半)

復活の時期について

  •教会時代の聖徒たちは大艱難時代前の携挙で復活する。Ⅰテサ4:16
  •旧約時代の聖徒(イザ26:19、ダニ12:2)と大艱難時代の聖徒は、
  千年王国の直前に復活する。
  •それは75日間の千年王国に至る中間期・移行期である(ダニエル12:11~12)


❸ユダヤ人部門の統治

王として、主イエスの下にダビデがいる。 エレ30:9、エゼ37:24~25

12部族を統治する12使徒
  •メシアがダビデの王座に着く時、12の王座が立てられて12使徒が着座する
  •12使徒たちはメシアの食卓に着き、王座からそれぞれ特定の部族を統治
  ルカ22:28~30

イスラエルは異邦人諸国の上に立ち、イスラエルの僕となる。

諸国はイスラエルを約束の国に導く働きをする。イザヤ14:1~2

統治系統としては、
メシア→ダビデ→12使徒→首長やさばきつかさたち(イザ32:1、イザヤ1:26)