人類が行き着く最終運命

ホサナキリスト教会・聖書広場からの抜粋です。
メッセージ・ノートはこちらから:

http://wdx.hosannamin.org/whatsnew/view/192792

「永遠の秩序」
黙示録21章1~27節
~マタイ福音書連続講解説教92~

新しい天と新しい地の創造: 黙示録21:1~8
メシアの地上再臨後、千年続いた王国にも終焉を迎える時がやってきます。

その時、
私たちが現在住んでいる地と天とは消滅して、新しく創造された世界が出現します。

現在の天地とは、
サタンの堕落による地上が荒廃された闇に覆われた世界(創世記1:2)を
神が七日間かけて再創造されたものと考えられます。

歴史の最終章に出現する究極的な永遠の世界は、
新天新地であり、創世記1:1にて神が創造された原初の世界に対応する(近似した)ものであると類推できます。

すると、聖書の最初にある創世記記述から最後の黙示録世界が
一つの輪のように繋がっているのが解ります。

神は、罪と悪の力ゆえに汚され堕落した世界を再び原初に存在していた
完璧な神の栄光あふれる世界へと回復される、
そこに聖書の一貫した救済プログラムを見出せるのです。

その新天新地の特徴について

①海がない~海とは、裁きの結果生じたもので(創世記1:2)、
原初の世界にも存在していいなかったものです。

②「新しいエルサレム」
 第3の天に、現在すでに存在している
 花嫁の装いをして将来、天から降りてくる
 「自由の街」と呼ばれる(ガラテヤ4:26)
 「アブラハムが望んだ故郷」とも呼ばれている(へブル11:9~10)
 「全て購われた者たちの永遠の住まい」(へブル12:22~24)であり、
 そこに存在するものとは、
    *三位の神
    *全ての天使
    *教会時代の聖徒・「長子たちの教会」
    *旧約時代の聖徒・「全うされた義人たちの霊」
            spirits of justmen made perfect
    *ここに言及のない大艱難時代聖徒らと千年王国時代の聖徒らが含まれる

③「神の住まいが人とともにある」
  dwell = to tabernade(ギリシア原語において同じ語幹)
  かつて荒野に宿ったシャカイナ・グローリーが永久に存在することを意味する

④創世記3:16~19の全ての呪いが除去されている
  古い地の消滅は、その地に連なっていた呪いも消滅したことを示す
  ゆえに涙、死、嘆き、苦しみ、痛みは消え去る

⑤天の御座からの宣言(5~8)
 永遠の秩序は確かなものである:約束されたお方が真実である故
 いのちの水の泉の流れ
 信者の群れの存在
 不信者の永遠の住まいは、火と硫黄との池である

「新しいエルサレム」にあっては、
太陽も月もないと書かれています。
にもかかわらず、「夜がない」(黙示22:5)

この黙示録22:5は、ヨハネに啓示されたメッセージの最終節であり、
それ以後の節はヨハネ自身と御使いとの会話となります。

「神である主が彼らを照らされるので、彼らにはともしびの光も太陽の光もいらない。
彼らは永遠に王である」(黙示録22:5)

新しいエルサレムを常時照らすものは、神からの栄光の光、
それは専門的にシャカイナグローリーと言われるものです。

これは新しい概念ではなく、旧約聖書の昔から限定された時と場所、
機会においてイスラエルの歴史の中で現われてきたものでした。

  •アブラハム契約の締結時に(創世記15:17)
  •イスラエルの幕屋と神殿の至聖所に(出エジプト40:34)
  •主イエスの誕生の時に(ルカ2:9)
  •新天新地において完成される(黙示録22:5)

世界で最初に輝いたシャカイナグローリーは、
アブラハムよりはるか以前のことで、
天地の7日間での創造の最初の日の時のものです。

神が「光よ。あれ」と仰せられた。すると光ができた。
(創世記1:3)